自分たちがいるフィールドの保全。

自分たちがいるフィールドの保全。

自分たちがいるフィールドの保全。これはいつも頭の中心にあり、自然学校としてにマジメに考えています。
「私がおばあちゃんになった時、孫にこの今と変わらない美しさを一緒に楽しむことができたら、私、その瞬間、死んでもいい」という某スタッフの一声がきっかけで、この活動を始めることにしました。みなさんと一緒に、楽しみながら勇払原野の美しさを繋いでいけたらと思います。http://iburi-nature.com/bibisup.html

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


COMMENT ON FACEBOOK